任意整理の大まかな流れについて

任意整理は、自己破産と異なり裁判所を利用する事なく出来る事で比較的簡単に行う事の出来る債務整理の1つです。自己破産と比較すると全ての手続きにかかる期間が短くなっている等の理由から多くの方が利用しています。
任意整理を利用するには、司法書士や弁護士の方に依頼する事が必要になります。
一般的な弁護士事務所だけではなく、債務整理を専門に取り扱っている事務所も多くなっています。
弁護士事務所を訪れた際には、初回の面談で現在の返済額や生活等の状況を詳しく聞かれます。
虚偽の申告をする事なく正直に全ての質問に答える事が大切なポイントとなります。
2回目以降の訪問で任意整理を利用した際に減額する事の出来る額や生活に負担がかからない返済方法を担当者の方と相談して決める事になります。
その際に任意整理での不明点やデメリットを聞く事も出来ます。
有名なデメリットとして5年間という長い期間は新たにカードローンやキャッシングを利用する事が出来ないといった事が挙げられます。
話し合いがまとまった後に行われるのが返済をする債権者に対して介入通知を郵送する事や支払いの催促の停止です。担当者と債権者の話し合いでお互いの妥協点を見付ける事が出来る事で全ての手続きが完了します。
任意整理が完了するまでには短くても半年程度の期間が必要になる事に注意をする事が必要になります。