個人再生を行う事によるメリットと影響とは

借金問題で苦しんでおり、なす術が無くなってしまったという方は弁護士などに相談をして個人再生を行いましょう。
個人再生とは裁判所に間に入ってもらって債権者に借金を減らしてもらうというものです。
この手続きを行う事で借金が5分の1程度になります。
この個人再生を行う上で気になるポイントが給与差し押さえなどが行われるかという事です。
個人再生を行う事で給与差し押さえがされてしまうのでは無いかと考えられる方がいらっしゃいますが、実際にはそのようなことは無く、むしろ、この個人再生手続きを行う事で、債権者からの給与差し押さえ要求を拒否することが出来る様になります。
もちろん、良い事ばかりでは無く、デメリットも存在しており、この手続きを行う事で信用情報機関に事故情報として記録がされます。
その影響によって、その後のローンの審査などに影響が出るということがあります。
また、万が一、裁判所がこの手続きを認めない場合は残された道は破産手続きしか無くなってしまうので、注意が必要です。
なお、破産と異なって、ギャンブルによる借金でもこの手続きを行うことが出来るなど理由を問われることが無いので、その点も安心して手続きが行えるといえます。