破産申立費用はどれくらい?

借金の返済が不能になった場合には破産申請して一切の返済を免除してもらうことが出来ます。
これには相応の書類や審査が必要ですが、それと同時にそれなりの費用もかかります。
まず、弁護士に依頼するのが一般的になりますが、弁護士費用はおよそ15万円から20万円程度が相場です。
これは多くの場合は依頼と同時に一括で支払うことが原則ですが、無理な場合には分割に応じてくれる弁護士事務所もあります。
その他、書類が揃ってから裁判所に申立する時にも別途1万円程の費用がかかります。
これは破産が成立した際に官報に掲載する為のもので、つまり掲載料という考え方です。
これを裁判所に支払います。
この他、個人であっても何らかの事業を行っていたり、自営業者であった場合には管財人を立てる場合があります。
お金の流れに不審なものがないか、返済に充当出来る財産が隠されていないかを調査するもので、これに対しての予納金も求められます。
予納金は20万円から25万円で決まり、こちらも一括の支払いになります。
このように、実際に申立には費用もかかります。
申立してからも予納金など、破産が成立するまでにはそれなりに実費がかかります。
最低でもこれらの支払い能力が残っている時が望ましいのです。