任意整理後の賃貸契約

任意整理は裁判所を通すことなく手続きができ、弁護士に依頼すれば、自分はほとんど何もせずに、新たな借金返済の計画を立てて、余裕をもって借金を返済していくことが可能となります。
しかし、任意整理後の影響として、賃貸契約の審査や更新などが気になるところです。
新たに引っ越しをする場合は、必ず審査が必要になてくるからです。
そこで、もし任意整理後に賃貸契約をする場合、どのような状況が考えられるのかというと、まず、賃貸契約自体が制限されるということはないので、基本的には自由に賃貸物件に引っ越しを考えることはできます。
ただし、保証会社が審査をする場合、信用情報を参照する可能性があり、そのような場合は任意整理から5年間は審査が通らない可能性が出てきます。
特に信販系保証会社が審査をする場合は、信用情報機関を参照することがあるので、過去に債務整理をしたことがあるということが判明してしまうことがあります。
そのことが理由で審査が通らない可能性も全くないというわけではありません。
また、賃貸物件の家賃の支払いがクレジットカードでの支払いの場合は、そもそもクレジットカードを作ることが任意整理後はしばらくできないので、契約が難しくなってくる可能性があります。